3月 272014
 

サンケイスポーツ によると。

 世界選手権第2日(27日、さいたまスーパーアリーナ)女子ショートプログラム(SP)が行われ、去就が注目される浅田真央(23)=ANA=は、完璧な演技を見せ自己ベストを更新し、世界歴代最高得点となる78・66点で暫定1位となった。

 真央がソチ五輪で16位発進となったSPでのリベンジを果たした。冒頭のトリプルアクセルを見事に成功させると、トリプルフリップも成功させた。華麗なコンビネーションスピンからフライングキャメルで観客を魅了。後半はコンビネーションジャンプを成功させ笑顔を見せた。演技を終えると会場からは大声援が送られた。

 Posted by at 10:06 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>