12月 112013
 

東スポWeb によると。

 女子アナ界に大きな“地殻変動”が起きている。オリコンが6日発表した毎年恒例「第10回好きな女性アナウンサーランキング」で、昨年まで2連覇のフジテレビ加藤綾子アナ(28)を破り、日本テレビの水卜(みうら)麻美アナ(26)が1位に輝いたのだ。“ぽっちゃり系アナ”という新ジャンルを開拓した水ト。周辺を取材すると評判はすこぶりる良いのだが、唯一気がかりなのが男関係――。

 まさかまさかの“伏兵”ミトちゃんが、“絶対女王”カトパンを抑え見事栄冠に輝いた。

 この快挙に日テレ関係者は「誰も予想していなかった結果に、局内は沸き立ってますよ。しかもあのカトパンに勝ったわけですから、偉業と言ってもいいでしょう」

 水トアナは2010年4月入社。「日テレ、TBS、フジの3社内定」で入社前から話題だった加藤アナと違い、決して期待の新人ではなかった。飛躍を遂げたのは翌11年3月、今や自身の代表番組となっている平日昼生情報番組「ヒルナンデス!」のアシスタントに抜てきされたのがきっかけ。

「当時、日テレは女子アナの退社が相次ぎ、人材難に悩まされていました。そこで『まあ、水卜でいいか~』的な消去法で、ヒルナンのアシスタントに起用されたんです。プロレス界に例えると、UWFや長州力、維新軍団が去って人材難となった新日本プロレスで、窮余の策として若手の闘魂三銃士がプッシュされたようなもの」(同関係者)

 この「ヒルナンデス!」で水卜アナは、女子アナにしては珍しいぽっちゃり体形、さらに目を見張るほどの食欲で一躍ブレークしたのだから、世の中というのは分からないものだ。

「水卜の食い意地は決してテレビ用ではありません。プライベートでもあのまま。いや、あれ以上です。何より肉が大好きで、男性スタッフたちと食事に行っても一番食べます。食べ物のロケの際も『おいしい』と言って、カメラが回っていない時でも食べていますから。本人は太ることを気にして、夜中にランニングとかをしているそうですが、食欲を抑えようという考えはなさそうです」(制作会社関係者)

 性格や人当たりはどうか。聞けば「気さくで裏表のない性格。そして周囲に気遣いもできる」そうで、共演者やスタッフたちから好かれている。水卜アナを悪く言う人はまずいないほど。

 ある若手スタッフは「どんな立場の人が相手でも、気さくに話し掛けてきます。とにかくスゴイいい子。僕も水卜さんと話したら好きになっちゃいました」とすっかり骨抜きにされた様子だ。

 そんな水卜アナで唯一“ネック”となりそうなのが男性問題だ。「過去にフライデーされた日テレ社員との交際が、今でも続いているようです。ところがそのお相手は、女性関係が派手なことで有名。『純情なミトちゃんが傷付けられなきゃいいけど…』と、よくスタッフの間で話されてますよ」とは別の関係者。

 今回の最新ランキング発表で、名実ともに日テレの顔、そして昼の顔となった水卜アナだが、うかうかしてもいられない。2位に陥落した加藤アナの逆襲が来春から始まるかもしれないからだ。

「3月いっぱいで終わる平日昼生番組『笑っていいとも!』の後継番組の仕切り役候補に、SMAPの中居(正広)らと並んでカトパンの名前も挙がっているんです。『カトパンがMCで、日替わりに大物ゲストを呼ぶという番組では』と噂されてます」とフジ関係者。

 定位置だった女子アナナンバーワンの座を水卜アナに奪われ、加藤アナは「まさかあのコに…」と相当悔しがっているという。もし来春、昼の新番組を任されることになったら、同じ時間帯を土俵に、水卜アナとプライドをかけたバトルが繰り広げられそうだ。

 Posted by at 5:49 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>