10月 022013
 

マイナビニュースによると。

また会社帰りにコンビニでポテチを買ってきてしまった。すごく食べたい……でも、食べたら確実にまた太る。結局、食べても食べなくてもストレスなら、食べちゃえ! 今回は、マイナビニュース会員の女性400名に、身体に悪いと分かっていながら、ついやってしまうことについて教えてもらった。

Q.体に悪いと思いつつ、やってしまうことは何ですか?
1位 夜更かし 48.2%
2位 食べ過ぎ 35.8%
3位 長時間のパソコン 32.5%
4位 飲み過ぎ 15.5%
5位 夜食 13.0%

■夜更かし
・「夜更かし→深夜帯のテレビ、体にも肌にも悪いと思いながらもやめられません!!」(25歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)
・「会社に行きたくないからか、次の日が来るのを拒むように夜更かししてネットサーフィンしてしまう、結果、次の日の日中眠くて仕事が嫌になる悪循環」(25歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)
・「知らぬ間に夜更かしして、めまいがした」(29歳/学校・教育関連/技術職)
・「夜更かしをすると、ニキビが大発生してしまう」(25歳/警備・メンテナンス/事務系専門職)

■食べ過ぎ
・「ついついあるだけ食べてしまって、あとで気持ち悪くなってしまう」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「イラつくと食べてしまうから」(26歳/食品・飲料/技術職)
・「お菓子で吹き出物」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「生理前は我慢できない」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「翌日に胃もたれになるのが分かっているがついやってしまう、先日の健康診断で、胃炎といわれてしまった」(30歳/金融・証券/事務系専門職)
・「10キロ太った」(24歳/機械・精密機器/事務系専門職)

■長時間のパソコン
・「調べ物をしていると長時間パソコンをしてしまい、眼精疲労で地面が揺れました」(30歳/ソフトウェア/事務系専門職)
・「パソコンに依存した生活がやめられないから」(30歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
・「肩こりと頭痛がひどい」(28歳/生保・損保/専門職)
・「時間感覚がなくなる」(25歳/医療・福祉/その他)

■飲み過ぎ
・「お酒を飲んでいると、ある一定量から酔ってしまって歯止めがきかなくなり、二日酔いするほど飲み過ぎてしまう……二日酔いで結婚式に遅れたことがある」(37歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「飲みすぎて二日酔いで仕事をすることがしょっちゅうあり、そのたびにもう飲み過ぎないようにしようと思うのだが……」(27歳/医療・福祉/専門職)
・「飲みすぎて1週間体調不良で苦しんだ」(31歳/医療・福祉/専門職)
・「吐きすぎて胃を痛めた」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

■夜食
・「体重が増えてしまい健康診断で引っかかった」(45歳/その他/その他)
・「夜のラーメンがたまらなくおいしく、翌日朝ごはんが食べられなくて体にはとても悪いことは分かっているが、やめられない……」(24歳/自動車関連/事務系専門職)
・「夜に甘いものはやめられない」(23歳/その他/その他)
・「夜おなかがすいていると寝られなくなってしまったのは、習慣の乱れ」(39歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

■総評
身体に悪いと分かっていてもやめられないこと、ランキング1位は「夜更かし」で、ほぼ半数の人がこれを選択していた。ついついスマホやパソコンでオンラインゲームやネットサーフィンをしたり、動画を見たり、深夜テレビや深夜ラジオで楽しんでしまう、という声がズラリ。完全に昼夜逆転して、逆に「なかなか寝付けない」状態に陥ってしまった人もいるようだ。また、夜更かしのせいで、次の日に「頭痛」「めまい」「ニキビや肌荒れ」「目の下にクマ」などの症状に苦しむ人も。寝不足で翌日がツライ……と自分でも分かっているけど、仕事からの開放感でついつい2時3時までと遊んでしまう人も多いようだ。

2位は「食べ過ぎ」。女性はストレスを食べ物で発散していることも多いようで、特に甘いものやスナック菓子がやめられない、という声が目立った。また、「あるだけ食べてしまう」という歯止めのきかない食欲に困っている女性も。急性胃腸炎になった人もいるようなので、過食気味の人は注意したい。3位の「長時間のパソコン」では、「ネットジャンキー」を自称する人も。眼精疲労、肩こり、頭痛が悪化し、「気持ち悪くなって動けなくなった」という重傷の人もいた。

4位の「飲み過ぎ」も、「分かっているけど……」の典型だ。お酒に酔うと自制心がなくなり、結局吐くまで飲んでしまうという気持ちはよく分かる。二日酔いになって激しく後悔するのだが、また飲み会になるとはしゃいでしまう……悪循環だ。5位は「夜食」。夜中にラーメンや甘いものなど高カロリーのものを食べて体重が増加したという女性も。生活習慣病にも気をつけて。

よくない習慣とはいえ、しないことでストレスがたまるとしたら、それもまた心にも身体にもよくないだろう。健康を損ねない程度に、上手にガス抜きしてほしい。

調査時期:2013年8月20日~2013年8月25日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数:女性400名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

 Posted by at 4:44 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>